【公演終了】坂本慎太郎LIVE2019

出演者
坂本慎太郎 (Vocal & Guitar)
AYA (Bass & Chorus)
菅沼雄太 (Drums & Chorus)
西内徹 (Sax & Flute)  
日 時
2019年3月16日(土)開場17:30/開演18:30
会 場
南砺市福野文化創造センター 円形劇場ヘリオス

「日本語の響きとビート感を活かした日本独自のロックを追求する」というコンセプトのもと、90年代以降圧倒的な存在感を示し2010年に惜しまれつつ解散したロックバンド・ゆらゆら帝国。ボーカル&ギターと全作品の作詞、アートワークを手掛けた坂本慎太郎は2011年にソロ活動を開始。ポップかつ不穏でムーディーな浮遊感のあるサウンドとゆらゆら帝国時代から一貫して高い評価を得る歌詞世界で異彩を放つ。そして2017年10月、ドイツでのフェス出演をきっかけにファン待望のライブ活動をスタートさせた。ヘリオスには2009年2月のヘリオス・グルーヴィーナイトVol.18「ゆらゆら帝国×ROVO」以来の登場。メンバーは坂本慎太郎(ギター&ボーカル)、AYA(ベース&コーラス)、菅沼雄太(ドラム&コーラス)、西内徹(サックス&フルート)。ヘリオスで「ナマで踊ろう」!!

チケット

一般

1階スタンディング:前売4,000円(当日4,500円)

2階指定席:    前売4,500円(当日5,000円)

小中高生

1階スタンディング:前売・当日とも1,500円

2階指定席    :前売・当日とも1,500円

※未就学児童のご入場はご遠慮ください

 

JOINTO会員特典1:会員限定先行販売 

先行販売についてはこちらをご覧ください。

2018年12月22日(土)9:00~
※先行販売取扱いはヘリオスのみ。遠方の方の受付についてはこちらをご覧ください。

JOINTO会員特典2:1会員2枚まで10%OFF

 

一般チケット発売

2019年1月5日(土)9:00~

【プレイガイド】

1階スタンディング、2階指定席ともに取り扱い

◆ローソンチケット(Lコード:56314)

◆チケットぴあ(Pコード:136-872)

◆e+(イープラス)

◆南砺市福野文化創造センター(窓口・メール・ファックス)

 

1階スタンディングのみ取り扱い

◆南砺市

ア・ミュー/井波総合文化センター/じょうはな座/福光福祉会館

◆砺波市

TSUTAYA砺波店

◆小矢部市

クロスランドおやべ

◆富山市

ディスクビート

◆金沢市

レコード・ジャングル/エブリデイ・レコード/エスタシオレコーズ

 

遠方よりお越しのお客さまへ

南砺市は2004年に8つの町村が合併して誕生しました。
旧町村それぞれが独自の文化と伝統をもっているため、どこへいっても新鮮な発見が得られる街でもあります。

せっかくなら、ライブが終わった後も南砺市内を楽しんでいただきたいと思い、近隣の宿泊施設やご飯屋さんをまとめてみました。

宿泊施設のご案内

お食事処、お土産のご案内

プロフィール

坂本慎太郎

1989年:ロックバンド、ゆらゆら帝国のボーカル&ギターとして活動を始める。
2010年:ゆらゆら帝国解散。
2011年:自身のレーベル、”zelone records”にてソロ活動をスタート。
    1stソロシングル『幽霊の気分で』 、1stソロアルバム『幻とのつきあい方 (How To Live With A Phantom)』を発表。
2012年:NYの”Other Music Recording Co” から、『How To Live With A Phantom』がリリースされる。
2013年:シングル『まともがわからない』(TXドラマ24「まほろ駅前番外地」のエンディング曲) と同ドラマ劇中音楽を手掛ける。
2014年:Mayer Hawthorneとのスプリット7inch vinylが、全米/全欧のRecord StoreDayでリリースされる(zelone/Republic)。
    2ndソロアルバム『ナマで踊ろう (Let’s Dance Raw)』を発表。
    NYの”Other Music Recording Co.”から『Let’s Dance Raw』がリリースされる。
    7inch&digitalにてシングル『あなたもロボットになれる feat. かもめ児童合唱団』を発表。 
2016年:3rdソロアルバム『できれば愛を (Love If Possible)』を発表。
    7inch&digitalにてオノシュンスケとのシングル『ディスコって』を発表。
    VIDEOTAPEMUSICとの共作12inch「バンコクの夜」をEMレコードより発表。 
2017年:NYの”Mesh-Key Records”からUS盤LP『Love If Possible』がリリースされる。
    独ケルンで開催された「WEEK-END Festival #7」にて初のソロライブで出演。
    Devendra Banhartとのスプリット7inch vinyl『Another Planet』 (独Slow Boy Records) をリリース。
2018年:9月に中国ツアー(北京、杭州、深圳)。11月にオランダ”LE GUESS WHO?”、ロンドン単独公演、そして12月にメキシコ・アカプルコでの”Festival Trópico 2018”に出演。 

 

様々なアーチストへの楽曲提供、アートワーク提供他、活動は多岐に渡る。 

 

Official HP: www.zelonerecords.com

チラシ(クリックで拡大します)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【主催】南砺市福野文化創造センター ヘリオス

【制作協力】zelone records/novus axis

【後援】北日本新聞社/富山テレビ放送/FMとやま/エフエム石川/エフエムとなみ