《利用者&出品者募集》

“私のアトリエ” &アトリウム展覧会 in ヘリオス

 

 《収蔵品の紹介》

菅 創吉(すが そうきち)

長崎 莫人(ながさき ばくじん)

 

《展覧会スケジュール》

現在予定している展覧会はございません。

 

《終了した事業》

富山のガラス美の競演 ―ガラスの魅力 その不思議―

“私のアトリエ” &アトリウム展覧会 in ヘリオス

あなたの作品をヘリオスに展示してみませんか?

アトリエC アトリエA

 ヘリオスに「アトリエ」という部屋があるのをご存知ですか?

アトリエAは美術室、アトリエCは工芸室になっています。
アトリエで作品を作って、ヘリオス内の展示スペース(アトリウム)に展示してみませんか?
期間中(※)にアトリエを3回以上利用された方の作品を展示させていただきます!
皆さまのご利用をお待ちしております。

※2017年7月1日(土)~2018年3月18日(日)

 

【アトリエの利用について】

・おひとり様でもグループでもご利用いただけます。

・料金はアトリエA・アトリエCともに同じです(冷暖房をご利用の場合は基本料金の30%増となります)

 ※クリックで拡大します。

 

・展覧会への出品は自由です。アトリエのご利用のみでも大歓迎です。

・ご利用されたい方は、空き状況をご確認の上、窓口・FAX・メールにて利用申請書を提出してください。

 ご予約方法についてはこちらをご覧ください。

 

【アトリウム展覧会 in ヘリオスについて】

・ヘリオスのアトリエAまたはアトリエCで制作したもの1点以上を含む3点まで出品できます。

・展示スペースの都合上、絵画などの平面作品に限らせていただきます。

・展示中の作品について、当館ではその責任を一切負いませんのでご了承ください。

・展示期間は、前半:2017年11月4日(土)~11月19日(日)

       後半:2018年3月24日(土)~4月8日(日)

・出品を希望される方は、出品票に必要事項をご記入の上作品と一緒に窓口へお持ちください。

 出品票はアトリエの3回目のご利用時にお渡しします。

・出品の締切 前半希望の方:2017年10月29日(日)まで

       後半希望の方:2018年3月18日(日)まで

 

※展示イメージ

 

 菅 創吉(すが そうきち)

兵庫県姫路市出身。1963年に渡米。ロスアンゼルス、サンフランシスコ、ニューヨークで制作と発表を重ね、油彩や立体作品などを通して、その東洋性とユーモアあふれる表現は高い評価を得ています。20世紀を代表する作家の一人。

 

 

菅 創吉(すが そうきち)の世界

 

 


 

 <菅 創吉 オリジナルマグカップ 販売中!>

ヘリオスでしか手に入らないオリジナルグッズ、菅 創吉マグカップを販売しています!

絵柄は全部で10種類。お好きなデザインを選んでお手元に置いてみませんか?

ヘリオス事務所にて、1個1,300円で好評販売中です!

 

 


 

NEW!<菅 創吉 オリジナルポストカード 販売中!>

 

「生誕110周年 菅 創吉展」に合わせて製作した、ヘリオスオリジナルの菅 創吉ポストカードを販売しています!

絵柄は全部で10種類。お好きな作品を選んで、ご自宅に飾ったり、友達や家族へのお便りとして送ってみてはいかがですか?

ヘリオス事務所にて、1枚150円で好評販売中です!


 

  <菅 創吉 図録 販売中!>

ヘリオスでは、過去の企画展で製作した菅 創吉の図録を販売しています。

事務所で常時販売しておりますので、お気軽にお立ち寄りください。

 

【図録】菅 創吉の世界(2000年発行)

※在庫なし・見本のみ

【図録】菅 創吉の世界(2001年発行)

¥1,000

【図録】菅 創吉の世界(2006年発行)

※在庫なし・見本のみ

【図録】菅 創吉 メキシコ・中国 デッサン集

¥1,000

 

菅 創吉 画集

※在庫なし・見本のみ

 
 
長崎 莫人(ながさき ばくじん)

朝日町出身。水墨画の筆致と色彩の変化を重視した精神的表現を復興しようと、近代日本画の改革を目指し、岩崎巴人、谷口山郷、のむら清六らと「日本表現派」を結成。長崎氏のその力強い筆致は、観るものに強い精神性を訴えます。

 

 

長崎 莫人(ながさき ばくじん)の世界

 

 

 


 

<長崎莫人 図録 販売中!>

ヘリオスでは、過去の企画展で製作した長崎莫人の図録を販売しています。

事務所で常時販売しておりますので、お気軽にお立ち寄りください。

 

【図録】長崎莫人展

(1994年発行)

¥1,000

【図録】長崎莫人展 後期展

(1995年発行)

¥1,000

【図録】長崎莫人 作品集

(2013年発行)

¥1,000

 

富山のガラス美の競演 ―ガラスの魅力 その不思議―

 展覧会は終了しました。

 富山を拠点に活躍するガラス造形作家たちの多種多様な表現と高度なテクニックを駆使した作品は、富山ガラスアートとして定着しガラス芸術として高い評価を得ています。本展では、富山で創作活動をする造形作家たちが手掛けた作品40点を展示します。最新の富山ガラスアートの魅力とその不思議をお楽しみください。

 期間中には、ガラス作家たちのオリジナル花器といけばなのコラボレーション“「共創」華とガラス展”も同時開催します。

 

【会期】平成29年6月29日(木)~7月9日(日)
    午前9時30分~午後5時 ※火曜日休館
【会場】福野文化創造センター アートスペース・データスペース
【入場料】一般300円/高校生以下無料

 

【関連イベント】

◆開会式 6月29日(木) 午前10時より
◆ギャラリートーク 6月29日(木) 午前10時40分より

 講師:「富山ガラス工房」館長 野田雄一氏
◆アーティストトーク 7月8日(土)・9日(日) 午後2時より
◆「共創」華とガラス展 会期中開催

 

チラシ(クリックで拡大します)

 

【主催】南砺市福野文化創造センター  文化創造南砺合同会社
【共催】北日本新聞社・富山ガラス工房・草月流 青唱会
【後援】南砺市・南砺市教育委員会・となみ衛星通信テレビ・草月会富山県支部三創会