【開催決定】ヘリオス収蔵作品展シリーズ ~南砺市井波彫刻・日本遺産への道~

会 期
2019年1月18日(金)~1月28日(月)9:00~17:00
   ※18日のみ10:00~17:00
   ※21日(火)は休館日
入場料
一般300円/高校生以下無料
会 場
南砺市福野文化創造センター アートスペース・データスペース
2018年、日本有数の彫刻の町・井波を舞台とした「宮大工の鑿一丁から生まれた木彫刻美術館・井波」が文化庁の日本遺産に認定されました。これを機に南砺の木彫刻の魅力を国内外に広く発信、多くの方に本物に触れていただける展覧会を開催いたします。

900点近い当館の収蔵作品を様々な角度でご紹介している定番のシリーズ。本展では井波彫刻協同組合のご協力をいただき、井波の伝統の技を受け継ぎ制作した彫刻や工芸作品40点を展示。南砺の木彫刻がこれまでに繋いだ技術を体感し、井波の地で培われてきた伝統の技を堪能していただきます。

 

【関連イベント】

18日(土)

9:30~

開会式

20日(日)

14:00~

井波彫刻師による作品解説①

27日(日)

10:00~

14:00~

 

井波彫刻師による作品解説②

講演「井波彫刻250年」 講師:長谷川総一郎氏(富山大学名誉教授)

 

【主催】南砺市福野文化創造センター

【共催】南砺市、井波彫刻協同組合、北日本新聞社

【後援】南砺市教育委員会、南砺市美術連合会、となみ衛星通信テレビ